FC2ブログ

宝石研磨の世界

タイのバンコクで宝石研磨工場、宝石鑑別教室を経営してます。

タイにあるハリポッターの部屋

宝石研磨の仕事 タイにあるハリポッターの家

エチオピア産オパールの原石を購入したくて、バンコクに在住のアフリカ人オフィスに行きました。オフィスと言っても自宅兼仕事場で、家賃3000バーツ(9000円)10畳程度のワンルームマンションです。

宝石の仕事をしているバンコク在住の外国人で、勝ち組の比較的成功している者は2万バーツ以上の良いマンションに住みます。2万バーツ(6万円)の物件は100平米の3LDKでプールやフィットネス等が無料で使用できる場合が多いです。

日本の大手商社などの駐在員は8万バーツ(24万円)の物件に住むらしく、タイ人から見れば、王侯のような生活を満喫しているそうです。

まだ成功をつかめていない外国人は3000バーツ~5000バーツ(9千~1.5万円)位のアパートに住む場合が多いです。
3000バーツで10畳ほどのワンルームマンションで、台所はありません。この物件にクーラーが付くと5000バーツになります。

インド人は2万バーツの良い物件に、20人以上で生活する場合もあり、まさにすし詰め状態で生活している人もいます。

私自身もタイ系宝石商社に勤めていた頃は、家賃は3000~4000バーツのボロ物件にすんでおりました。チャオプラヤー川近辺のため、満潮時などは下水から水が溢れ出し、床上浸水になることも珍しくありません。
母がはじめてタイに遊びにきた時は、恥ずかしくて自分の家に招くことは出来ませんでしたが、それも今では良い思い出です。この時の話は株NOBU初代工場はボロ屋のエントリーで掲載しています。

タイに現地採用で雇われている日本人は、駐在員と比べお給料は安く、5万バーツ(15万円位)が平均のようです。
家賃は5000バーツから1万バーツ位の物件に住む方が多いようです。

私がある腕の良い宝石研磨職人のアパートに行った時の話です。

この研磨職人は独立して自営業で仕事をしています。
彼は特殊な宝石研磨技術を持ち、大変腕の良い職人で、難しい仕事があるときは、私も彼に外注で仕事を頼みに行きます。

仕事を頼みにいくときは、いつもビール5~6本とピーナッツを持って彼のアパートを訪ねます。
1時間ほど談笑して、仕事を置いてゆくのですが、初めて彼のアパートに言ったときは面食らいました。

彼は家賃が1000バーツの部屋ですが、部屋は階段の下に作られており、階段の下の隙間部分にベニアで壁とドアが作られておりました。タイ人版ハリポッターの部屋と言ったところでしょうか。

階段下の部屋
階段下の部屋イメージ画像、実際はもっと貧素ですけど、、、


私の払う工賃だけでもそれなりの金額を得ているはずですが、家賃が勿体なかったんでしょうか。

彼はいつも私を、階段の高いほうに座るよう薦めますが、彼は階段の低いほうで前かがみになって座る状態で、2人とも滑稽な姿でビールを飲んでいました。

彼曰く、全ての家具に手足が届き、機能的な部屋で大変住み心地がよいらしい。
日本のことわざに、起きて半畳、寝て一畳、天下とっても2合半がありますが、彼の場合は天井が階段で斜めになっているので、その半分の部屋に住んでおります。

ドイツ人あたりに生まれていれば、世界的な名工と呼ばれていたかもしれない腕なのに何とも皮肉な話です。
タイには天才的な腕を持つ職人が沢山世間に埋もれており、その多くが日の目を見ずに年齢を重ねてゆきます。
日本では名工や職人と呼ばれ尊敬される職業でも、タイでは工員であり、ブルーカラーなのです。

彼らを探し出すのが私の楽しみであり、ノウハウでもあります。

現在彼は結婚して子供がおり、流石にハリポッターの部屋は引き払いました。
良いアパートに住むと欲が出るようで、今後は家を購入しようと頑張っているようです。

人気ブログランキングへ
押してください。
スポンサーサイト



  1. 2011/12/21(水) 23:36:59|
  2. 宝石研磨の仕事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ