FC2ブログ

宝石研磨の世界

タイのバンコクで宝石研磨工場、宝石鑑別教室を経営してます。

NOBUジュエリー教室に通う受講生たち

宝石鑑別教室 NOBUジュエリー教室に通う受講生たち

当教室を開講して3年の月日が経ちました。

受講生の割合は、駐在員の奥さんが8割、日本からの受講生が2割です。
駐在員の奥さんの受講目的は、宝石が好きで勉強したい方、新しい分野で知識を増やしたい方、お稽古事の一環の方、受講理由は様々です。ジュエリーを購入する側から勉強したい方がほとんどです。

日本からの受講生は、宝石業界の方、異業種から宝石業界に興味のある方、タイでビジネスをしたい方、新しい分野を探求したい方と受講目的は様々ですが、販売側の立場から勉強したい方が多いようです。

宝石鑑別を習得するためには、日本では専門学校で半年~1年ほどの期間で、200万円ほどの高額な授業料がかかります。地質学や鉱物学の基礎から勉強するため、学術的要素も高い一方で、彫金や販売等の業務ノウハウは習得できない欠点があります。

当教室では、買いたい側、売りタイ側の受講生の希望によって授業内容を変えており、受講料8000バーツ(2万5000円)短期間で内容の高い授業を受けれるのが特徴です。

買いたい側に教えている授業方針は下記のようになっています。
正しい宝石の鑑別知識
品質評価の仕方
宝石の正しい購入ノウハウ

売りたい側に教えている授業方針は下記のようになっています。
正しい宝石の鑑別知識
仕入れ、販売や製品作成時のトラブル回避法
宝石業界販売ノウハウ

受講生Aさん 日本からの受講生 宝石業界出身
日本では宝石業界の事務をしていましたが、会社内でしか通用しない職能ばかり習得するだけでで、宝石鑑別の勉強する機会がありませんでした。日本で勉強すると200万円かかるため、当教室に勉強しに来ました。

受講生Tさん 日本からの受講生 IT関連
アクセサリーやジュエリーをネット販売する目的で当教室に勉強しにきました。正しい宝石の知識と販売ノウハウを習得する受講目的を持っていました

受講生Mさん 日本からの受講生 元保険外交員
少子化の影響もあり、新規保険加入者が激減したため、従来の顧客に宝石や雑貨販売も合わせて販売したいとの事です。バンコクの仕入れの現状や商品視察を兼ねて当教室にいらっしゃいました。

受講生Sさん タイ在住 駐在員の奥さん
タイでは宝石を購入する機会が多いので、合成石等のニセモノの知識や天然石の品質を勉強したくて、当教室にいらっしゃいました。

受講生Nさん 学生
就職事情の悪化もあり、タイでのビジネスに活路を見出すために当教室にいらっしゃいました。宝石鑑別よりも、パワーストーン、シルバー、革製品等の雑貨関連の仕入れと輸出入ノウハウの習得が主な目的のようでした。

宝石業界は大手企業が参入しにくい業界といわれています。
低価格商品でも他業種と比べ量産規模が非常に小さく、高級品に関しては手作り1個物の作成が基本です。
小回りの利く零細企業のほうが活躍しやすい業界です。また、多店舗や大型店舗より、高級品を扱う1店舗の方が権威があり、一流とみなされる傾向にあります。

更に海外取引も頻繁にあり、知識と経験さえあれば、個人でも十分に成功を収められる業界で、特に石屋と呼ばれる宝石バイヤーは個人経営が圧倒的に多いのが現状です。

当校にやって来る受講生の受講希望理由は様々です。
現在のように世界的な不景気の現状で、成功することは並大抵のことではありません。
個人経営で成功するか否かは、経営センスと努力、更に強運がなければなりません。

当校でビジネスの成功例、失敗例も含め、仕入れ、製造、販売等の宝石業界のビジネスノウハウや正しい宝石鑑別の知識等を教えています。

NOBUジュエリースクールホームページ


ジュエリー・時計 ブログランキングへ


スポンサーサイト



  1. 2012/02/21(火) 18:37:25|
  2. 宝石鑑別教室
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
次のページ