FC2ブログ

宝石研磨の世界

タイのバンコクで宝石研磨工場、宝石鑑別教室を経営してます。

知られざる宝石街 ウォンウェンヤイ

バンコク宝石仕入れ事情、、 知られざる宝石街 ウォンウェンヤイ

ウォンウェンヤイはチャオプラヤー川西側のトンブリーサイドにあります。トンブリー王朝時代はタイの首都でもありました。華やかなチャオプラヤー川東側(バンコク)に比べ、外国人が訪れる事も少なく、タイ人のベットタウンです。日本人在住者も少なく、2011年に在タイ日本大使館の発表によると、トンブリー地区に在留している日本人は私を含め13人のみだそうです。しかし、近年はBTSスカイトレインがトンブリーサイドに開通したこともあり、高級コンドミニアムや大型ショッピングモールの建設ラッシュで急速に発展しています。

トンブリー地区は宝石業界関連の町工場が多く、宝石業界の下請け工場地帯です。個人経営の職人工房や宝石研磨工場が多くあり、株NOBUの宝石研磨工場本社もトンブリー地区にあります。私が知る限り、日系宝飾品企業も8社トンブリー地区に本社を構えています。シルバー工場5社、ダイアモンド研磨工場1社、高級品専門の宝飾品の製造工場1社それに宝石研磨工場の株NOBUです。

Wan1.jpg
ここがウォンウェンヤイです。トンブリー王の銅像があります。この地域は宝飾品よりも革製品が有名で、靴やバックの町工場が大変多い地域になります。

wan2.jpg
こちらは買い取り専門業者です。この地域はダイアモンド、シルバー、金製品の買取業者が沢山あります。買取業者の小ケースには完成品だけでなく、石留め途中の商品ややキャストをふいたばかりの半製品も多く見かけます。作業途中でお金に困って質入れしてしまったんでしょうか、、、

wan3.jpg
有名な道具屋チョーチャルーンです。大型の機械類はありませんが、紙やすり、バフ等がばら売りで安く購入できますので個人経営の職人にとってはありがたい存在です。

wan4.jpg
チョーチャルーンのショーケース

wan5.jpg
こちらも買い取り屋さん。『タイ語で金、銀、売り買いします』と書いています。

Topaz Tower
こちらはトパーズタワー。私が以前勤めていたタイ系宝石商社です。当ブログでも私が勤めていた当時のエピソードを紹介してきました。今年取り壊しになり、高級コンドミニアムの建設が始まっています。最盛期には2000人の社員がいて、タイで初めてナスダック(ニューヨーク証券取引所)に上場した会社も、時代の変化に役目を終わらせたのでしょう。私が訪タイした10年まえ2001年頃は、タイの宝石業界は1000人以上の大工場が沢山ありましたが、多くの会社がリストラで縮小しています。タイの宝石業界の仕事は労働集約産業から付加価値の高い商品に変化してゆかなければなりません。

NOBU GEM FACTORY
旧トパーズタワーの向いの通り(チャロエンナコーン ソイ14)に株NOBUの宝石研磨工場があります。退職した会社の向いに当社工場を作るなど、不義理で無謀な行為と少し反省をしています。旧トパーズタワーの社長は笑って歓迎してくれましたが、海外在住の心得やセキュリティー意識の低い行為で、褒められたことではありません。

この通りには3社の日系工場があり、大手のシルバー工場、エクセレントカット専門のダイアモンド工場、そして株NOBUがあります。旧トパーズタワーの裏側には、小さな職人工房が沢山あり、シーロム ジュエリートレードセンター界隈の業者の下請け工場になっています。



ジュエリー・時計 ブログランキングへ
スポンサーサイト



  1. 2012/08/27(月) 10:29:13|
  2. バンコク宝石仕入れ情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ