FC2ブログ

宝石研磨の世界

タイのバンコクで宝石研磨工場、宝石鑑別教室を経営してます。

タイで発注トラブルが起こる事は理由がある

バンコク日常の出来事、、タイで発注トラブルが起こる事は理由がある

以前、日本人のお客さんから嘆くように言われたことがあります。
『タイ人は忘れっぽく、注文してもやってくれない、、、』

彼は訪タイ前に日本からタイの会社に商品を事前に発注して、商品を受け取りに行きましたが、商品は上がっていませんでした。滞在中に完納を希望しましたが、結局商品を受け取ることが出来ず、その後に調べてみると、その会社は作業すら手を付けていなかったとの事です。

これらの事は在タイで起業している我々でも頻繁に起こるトラブルです。

私は外注業者に発注する場合、完納前に何度も電話を入れて作業状況を確認し、必要であれば品質確認等で外注工場に何度も直接訪問する事もあります。

担当者が忘れっぽい事も多く、念を押すように何度も電話を入れたにも関わらず、相手側が作業を忘れてしまう事も頻繁にあります。例えば、外注業者に発注した時にFAXでの発注、電話での発注の再確認、納期1週間前での作業状況確認をして、順調に作業が進んでいるとの連絡を受けていましたが、納期に商品が上がっていないので、担当者に再確認した所、作業が全く手つかずだった事がありました。担当者の言い訳は『私は忘れていない、工場長が仕事を忘れた、、』と言っていました。

日本の業者は納期に厳しく、受注漏れ等はビジネスでは致命的なミスになります。
海外でビジネスを続ける秘訣は、納期や品質のトラブルを解消するする事、と言っても過言ではありません。

一方で、タイ人ばかりを責めるのは可愛そうな事で、タイ人側から意見すると、発注する側の外国人に問題が多いのも事実です。
外国人は発注をしても、商品を取りに来ないで勝手にキャンセルする事が頻繁にあります。

弊社事務所に来店した外国人バイヤーで、滞在中に全て加工を終わらせてほしいと依頼があり、スタッフに残業をさせてまで半貴石のルースを仕上げたにも関わらず、取りに来ないで帰国した外国人バイヤーは数知れません。ウィークエンドマーケットのお店の顧客にも、『来週取りに来るので、必ず用意してほしい』と依頼され、本当に受け取りに来る外国人顧客は稀です。

私は怒り心頭でクレームのメールを顧客に入れると、『他社で手に入れたので、もういらない』と言われました。彼は同じ商品を数社に同時発注していたようです。

また、100ピースのOEM発注で、半分を品質が悪いと言って、検品で落とされることがあります。どの部分の品質が悪いのかと詰め寄る様に尋ねると、最初から50ピースの注文しかなかったケースもあります。

これでは、苦労して用意する側も、馬鹿馬鹿しくてやっていられません。

日本人の様に信用を重んじてばかりではダメで、外国人との交渉にはハッタリやいい加減さも必要な能力なのかもしれません。

一方で、発注した商品を必ず取りに来たり、支払いなどのビジネスの約束事を必ず守る日本人の姿勢は、海外で大変評価されています。

私が誠実な対応をし、納期や品質を守って仕事をすると、外国人バイヤーは異口同音に『彼は日本人だからよ、、』と言います。

そう言われると、ちょっと嬉しい気持ちになります。

ジュエリー・時計 ブログランキングへ
スポンサーサイト



  1. 2013/05/26(日) 09:51:57|
  2. バンコク宝石仕入れ情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ