FC2ブログ

宝石研磨の世界

タイのバンコクで宝石研磨工場、宝石鑑別教室を経営してます。

宝石バイヤー育成短期集中3日間コースを受講した日本からの受講生

宝石鑑別教室、、、宝石バイヤー育成短期集中3日間コースを受講した日本からの受講生

先日、ある受講生から2年前に当校に通った女性受講生のその後の進路について聞ききました。

その女性受講生は20代の綺麗な女性で、ホームページ制作の仕事で既に独立していました。IT関連の仕事は日進月歩の世界で、新しい技術を習得していも、2年後には使い物にならない古い技術となり、常に新しい技術を勉強しないとやっていけなやっていけない業界だそうです。IT業界から卒業し新しい分野での活躍を目指して、当校の宝石バイヤー育成短期集中3日間コースを受講しました。

その後、受講生と連絡を取ることはなく、彼女の進路については不明でした。先日、彼女の友人が当校の短期コースを受講する事になり、はからずも彼女の進路について聞くことが出来ました。

彼女はジュエリーCADの分野に転身し、現在も活躍しているそうです。

もちろん、彼女の活躍は彼女の努力と実力の賜物であり、私が教えたからではありません。しかし、僅か3日間の講義でしたが、これが現在の彼女の活躍のキッカケになったのであれば、私の講義も意味のある事になり、大変うれしく思います。

もしこのブログを見ているのであれば、陰ながら、今後の活躍を応援していますので、是非頑張ってください。
それと、ちょっとだけ当校の宣伝をしてくれると嬉しいです、、、(笑、、、)

宝石バイヤー育成短期集中3日間や6日間コースを受講する受講生の大半は、日本からの受講生です。異業種からの参入組や宝石業界で働いている現役組など、主にビジネスのキャリアアップを目指して受講される方がほとんどです。

今回受講された彼女の友人は、大変綺麗な方で、宝石業界でも珍しい美人原型職人です。現在は石留め技術の習得を目指して、職人さんに弟子入りをしているそうです。職人としての技術を磨くだけでなく、石の仕入れにも興味があり、キャリアアップの為に当校に勉強にきました。

一般的に宝石鑑別を学習するためには、日本の有名宝石鑑別機関の主催する鑑別コースで、半年~1年間の受講と200万円程の受講料が必要で、格安で短期間で受講できる宝石鑑別学校はありません。

NOBU JEWLRY SCHOOL

当校は最短3日コースで1.5万円の受講料で学習できます。宝石仕入れの本場であるバンコクで、授業外の時間に仕入れ現場をリサーチしながら、当校では費用対効果の高い宝石バイヤーテクニックを学習できます。

宝石バイヤー育成短期集中3日間コースを受講する方のほとんどは、下記の6項目の授業を選択されます。

①バンコク宝石仕入れ事情
バンコクの有名な宝石買い付け地帯の仕入れ情報や買い付け注意点等を解説

②宝石簡易鑑別テクニック
宝石鑑別機具を使わずに簡易的に鑑別する宝石バイヤー必須のテクニック

③宝石の買い方 基礎知識
色石の4C品質評価法や宝石買い付けで最低限必要な基礎知識を学習

④宝石の品質評価と価格の関係
宝石の価格評価をわかり易い評価方法で解説

⑤宝石別品質評価法1
レアストーンの定義とルビーエメラルド等主要色石12石の石別評価方法

⑥宝石別品質評価法2
真珠オパール、翡翠等の石別評価法

2.5時間×3日間の宝石バイヤー育成短期集中3日間コースは、50項目のカリキュラムの中から5~6項目選択して学習して頂きます。上記の6項目を選択される受講生が多いですが、コランダムの産地特定や非加熱コランダムの鑑別、インクルージョンによる鑑別法等も人気のカリキュラムです。授業は1名からの参加可能で費用は5000バーツ(1.5万円)になります。

授業のカリキュラムだけでなく、受講生がジュエリートレードセンターで買い付けた宝石を翌日の授業で品質や価格、買い付け交渉方法等の検証をしたり、費用対効果の高い充実したバイヤー育成コースです。詳しいカリキュラムや受講内容は下記のリンクをクリックしてください。

NOBU宝石鑑別スクールリンク

ジュエリー・時計 ブログランキングへ
スポンサーサイト



  1. 2014/01/30(木) 10:56:16|
  2. 宝石鑑別教室
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ