FC2ブログ

宝石研磨の世界

タイのバンコクで宝石研磨工場、宝石鑑別教室を経営してます。

最近購入した原石の品質評価法

宝石研磨の仕事、、、最近購入した原石の品質評価法

NOBU GEM CUTTING FACTORYは、上代10万円未満のジュエリーに使われるルースを加工する宝石研磨工場です。
基本的には量産物のルースになり、ゴールドジュエリーだけでなく、シルバージュエリー用のルースも加工する為、天然石だけでなく、合成石、天然石の処理石なども取り扱います。合成石や処理石の原石選別は簡単と思われがちですが、大変奥が深い世界で、幅広い知識と経験が必要になります。

ROUGH151.jpg
パキスタン産ネフライトの原石です。この原石は購入に半年間の時間をかけました。
当初、相手側は百キロ単位でしか販売しないと譲りませんでした。弊社では10kg程度しか購入できないので、何度も取引ロットを下げてほしいと交渉しました。
ROUGH 1512
半年間の交渉後、8kgで購入しました。早速工場で原石を割り、中を調べると石割れ、インクルージョンだらけで全く使いものになりません。不透明な原石の為、表面から中を観察することが出来ないのです。原石購入にはこの様な事が頻繁にあるので、初めての取引の時は、購入ロットを極力少なくするよう交渉しなければなりません。ちなみにネフライトはバンコクでは滅多に入荷する事がない原石です。隣国のミャンマーで同じ翡翠の仲間であるジェダイトが安価に大量に入荷するので、あまり需要がないからでしょう。
Rough1514.jpg
こちらはラピスラズリの低品質の石です。
ラピスラズリは白色部のカルサイトが多いほど評価が低くなります。
ROUGH1513.jpg
こちらが今回購入した白色部が全く無いラピスラズリですです。低品質の原石に比べ、原石価格は10倍になります。この品質は高額な原石の中でも30%程しか含まれない最高品質です。交渉時はロット買い(他の70%も含め購入、セレクションなし)を常に要求されます。今回は経営者がたまたま不在で、タイ人のアルバイトのみだったので、しらばっくれてセレクションで購入しました。経営者は中東系の方で、自己主張が大変強く、セレクションなし、大量ロットでなければ販売しないと主張する場合が多く、交渉するたびに無駄な原石を購入させられるので大変疲れます。今回はとてもラッキーでした。
rough1515.jpg
こちらはブルーキュービックジルコニアの原石、ブルー系CZだけで20種類近くの色があります。
ブルーCZはスペシャルカラーと呼ばれ、通常のCZに比べ3倍価格が高いです。今回は4種類の原石を購入し、お客様の希望色に合わせてサンプルを作りました。
rough1516.jpg
こちらは染色+樹脂含浸処理のジェダイトです。
この原石を求めて昨年広州まで行きました。20kg程購入し、その後に調べてみた所、染色クォーツアイトだった事が判明しました。これは私にとっても苦い思い出です。研磨された状態の染色ジェダイトと染色クォーツアイトの鑑別はペンライトの透過光検査だけでも簡単に判別できますが、原石状態になると鑑別の難易度が大変高くなります。今回の染色ジェダイトはバンコクで偶然見つけることが出来ました。

どれほどキャリアを積んでも、原石購入の失敗を繰り返してしまいます。
市場に出回っている70%以上の原石が低品質である事、アフリカ系や中東系、華僑との交渉になり、仕入れ交渉は常に難航を極める事が理由です。昔、インド人から言われ、未だに忘れられない助言があります。『インド人は3倍しかぼったくらない!アフリカ人は100倍だ、だからインド人は良心的だ!』

ドングリの背比べ、、としか思えませんが、以外に的を得た助言でした。

原石取引の仕入れは研磨済のルースに比べ難航を極めます。失敗を何度も繰り返し。経験を積んでゆくしかありません。
ROUGH1517.jpg
メソートで購入した天然ジェダイトの原石です。
ジェダイトは原石に小さな切込みを入っており、そこから中の状態を想像しながら購入します。実際には原石を切断してみなければ正確な品質はわかりません。価格もバラバラでメソートの宝石市場内でもブローカーによって100倍の価格差があります。大変難易度の高い原石仕入れになります。最近ミャンマー本国でジェダイトの価格が急騰しており、仕入れが難しくなってきました。染色ジェダイトは香港やバンコクでは頻繁に見られますが、メソートで見かける事は全くありませんでした。しかし、最近になって、少量ではありますが染色ジェダイトをメソートで見かけるようになりましたので、今後は大量に混在する可能性もありますので、仕入れ時に注意が必要です。

2月24日~2月28日までバンコクジュエリーショウが開催されます。
アイデアを振り絞って、新作カットを開発しています。
ブースナンバーはLL62色石セクションでNOBU CO LTDです。バンコクショウ来場予定の方は当ブースにもお立ち寄りください。

ジュエリー・時計 ブログランキングへ
スポンサーサイト



  1. 2015/01/25(日) 11:39:24|
  2. 宝石研磨の仕事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ