FC2ブログ

宝石研磨の世界

タイのバンコクで宝石研磨工場、宝石鑑別教室を経営してます。

バンコクジュエリーショウが始まります

バンコク宝石仕入れ情報、、、バンコクジュエリーショウが始まります

2015年2月24日~28日)からバンコクジュエリーショウがはじまります。
当社のブースはカラーストーンコーナー LL62のブースで出展しています。

マーケットの関心は日欧米市場の復活はあるか、中国市場の景気維持はあるかですが、現時点では悲観的な見方が多いようです。ジュエリートレードセンターでは、半年ほど前から中国人バイヤーの来場者数が少なくなり、購入金額も大きく減りました。マーケット相場や値切りの仕方を覚えた彼らは、タイ系やインド系の宝石ディーラーにとっても最強のバイヤー(最低の客)になってきたのです。アメリカの景気が良くなっているとニュースで聞きますが、アメリカ人バイヤーの姿はJTCではあまり見かけないのですが、バンコクショウの会場に是非来場してほしいものです。

15年前は日米で世界の宝石買い付け量の7割のシェアーがあったと言われていますが、この15年で世界の宝石勢力図は大きく変わってしまいました。

株NOBUのブースはこの数年、バンコクショウでも人気ブースの一つになってきましたが、今年は商品をガラッと変更して勝負してみます。バンコクショウの顧客ターゲットはタイ人マーケットに絞っています。

日本向けの新作カットサンプルは、バンコクショウの会場では一切展示せず、来店されたお客様のみ、お見せするやり方に変更しました。お客様にとっては仕入れ先が秘匿された方が商品のプレミア感があり営業しやすく、逆に『この商品バンコクショウで見たよ!』と言われると、どれ程良い作品でも商品価値が下がり、営業する気にならないとお客様からのクレームが多数寄せられたのが主な理由です。

当社は日本の卸業様向けの宝石研磨工場ですので、デザイン開発でスポットライトを浴びるのはメーカーや小売店であるべきと考えています。下請け工場として常に目立たない黒子であるべきです。固定客のお客様には面白い材料や新作カットをどんどん提供して、お客様のビジネスを陰で支えるのが大事な仕事です。その為には商品を非公開にして、お客様の商品のプレミア感を上げる事は大切な事と思います。

ちなみに、当社は上代10万円未満の量産物や通販物の商品用ルースをメインの仕事にしています。
原石保有は60種類以上あり、アメジスト、ブルートパーズ、オニキス、ラピス等の低単価の半貴石から、タンザナイト、アクアマリン、トルマリン等の半貴石、染色天然石、合成石等、かなりバラエティーに富んだ商品を対応しています。

お客様のオリジナルカットの作成や難しい枠合わせの他に、お客様自身が原石を提供されて工賃仕事で対応したり、常に他社と差別化を図る為の商品作りをお手伝いしています。

バンコクショウにご来場予定の方はLL62 NOBU CO LTDのブースにお立ち寄りください。

ジュエリー・時計 ブログランキングへ
スポンサーサイト



  1. 2015/02/21(土) 10:48:20|
  2. バンコク宝石仕入れ情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ