FC2ブログ

宝石研磨の世界

タイのバンコクで宝石研磨工場、宝石鑑別教室を経営してます。

バンコクで最も良い幼稚園はABC幼稚園です。

バンコク日常の出来事、、バンコクで最も良い幼稚園はABC幼稚園です。

ABC2.jpg
2012年10月ハロウィーンパーティー、年少さんの頃の写真です。

3歳の娘をどの幼稚園に通わせるか悩んでいた時、同業者の友人からABC幼稚園を勧められました。
ABC幼稚園は母子家庭やハーフの子供を支援する幼稚園で、ハーフの日本語教育をするならば理想的な幼稚園であり、先生がどなたもベテランで素晴らしい、、と同業者の友人にABC幼稚園の入園を強く勧められました。

ABC幼稚園の学費は(2015年当時)2時までの預かりで5000バーツ、4時までで6000バーツ、6時までで7000バーツです。
他の日系幼稚園は平均1.5万バーツ~2万バーツですから日系では最も月謝の安い幼稚園になります。ちなみにタイの幼稚園は月謝300バーツの寺子屋から3万バーツの富裕層専用の幼稚園まで沢山あります。月謝1000バーツ位の幼稚園に通う児童が多いようです。

ABC3.jpg
2013年年中バラ組 クリスマスパーティー(アリストンホテル)

幼児言語学の世界では3歳から小学校低学年までの教育が大変重要だそうです。
ABC幼稚園では片親がタイ人のである場合を想定して、日本語教育をしっかり身に着けるカリキュラムをしています。特に片親がタイ人である場合、特殊な指導方法で日本語力を高めるそうです。

幸美は3歳の年少時、タイ語9割、日本語1割程度の理解力で、片言程度の日本語しか理解していませんでした。幼稚園の先生は、「心配しないでください、1~2年すれば必ず喋れるようになりますよ」と自信たっぷりに言っていました。ABCの先生は皆さんベテランのプロフェッショナルな方ばかりです。

4歳くらいから日本語での会話力が徐々につき始め、卒園時は流暢な日本語会話を出来るようになっていました。両親が国際結婚だから簡単にバイリンガルになるわけではありません、家庭内の会話だけでは命令的な会話になる場合が多く、限定的な単語しか覚えられません。ABC幼稚園では家庭では学習できない幅広い分野の言葉を沢山教えてくれました。

ABC4.jpg
豆まき、ひなまつり、端午の節句、七夕などの日本の文化や風習をしっかり教えてくれます。その時はみんなでゆかたを着てお祝いをして、幸美は毎日楽しそうでした。日本の昔話、童謡、日本の手遊び、、先生は児童が楽しんで学習できるよう授業をされていました。

ABC5.jpg
仲良しのカナちゃんとの悲しいお別れもありました。
日系幼稚園はスクンビット地区に集中しているので、郊外に住んでいる家庭は通うのが大変です。我が家はトンブリー地区から幼稚園に通うため、送り迎えで所要時間5時間かかります。幼稚園の送り迎えは夫婦での協力が必須で、私も仕事の合間を縫って送り迎えをしました。カナちゃんの自宅はバンナー地区で幼稚園からとても遠くに住んでいました、お父さんは企業にお勤めの方で送り迎えが出来ません。お母さんが毎日送り迎えしていましたが、あまりに送り迎えの負担が大きいので、年中さんから近所の幼稚園に転校していきました。

日系の幼稚園に通うのは、タイ系の幼稚園に比べ学費が高いだけでなく、送り迎えの苦労を我慢しなければなりません。
送り迎えを家内だけに任せれば、精神的なストレスで我慢できなかったでしょう。タイ人との国際結婚の場合、家内の精神的なケアも注意しないと夫婦関係は持続しませんので、お父さんと言えども送り迎えは頑張らなければならないのです。
それも全ては子供の為、、、自営業で時間に都合がつきやすいので本当に良かったと思います。

家事や育児も含め家の事を完璧にこなす日本のおかあさんは、本当に素晴らしいと思います。女性としての使命感や我慢強さには本当に頭が下がります。

ABC6.jpg
2014年 年長ゆり組 クリスマスパーティー(アリストンホテル)

ABCの良い所は、働くお母さんの支援を第一にしており、夕方6時まで預かってくれます。また、年末年始、ソンクラン等の特別な日を除いて、夏休み、春休み等の長期休みはありません。卒業生への支援もあり、日本人学校へのピックアップサービスや宿題を見てくれたり、ハーフの為のタイ語の特別授業もしてくれます。

また、フィリピン人のマリー先生による英語クラスがあり、バンコクのインター系幼稚園では最も学費が安く、高いカリキュラムの授業も行われています。

ABC9.jpg
年長のゆり組担当の高村先生です。本当に素晴らしい先生です。
児童には優しく、幸美も大好きだそうです。保護者には真剣にアドバイスをくれる熱血先生です。
「お父さん!もっと頑張ってください!」と私も何度も叱咤激励を受けました。

ABC1.jpg
2015年3月8日、アリストンホテルで卒園式がありました。
幸美も3年間で大きくなりました。

ABC8.jpg
父親としては感無量、先生への感謝の気持ちしかありません。
バラ組のみゆき先生、ゆり組の高村先生、園長先生やスタッフの皆様本当に有難うございました。

4月からはいよいよ1年生!娘の成長が楽しみです。


ジュエリー・時計 ブログランキングへ
スポンサーサイト



  1. 2015/03/09(月) 18:00:50|
  2. バンコク日常の出来事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0