FC2ブログ

宝石研磨の世界

タイのバンコクで宝石研磨工場、宝石鑑別教室を経営してます。

トルコ石の買い付けは難易度が高い

バンコク宝石仕入れ事情、、、トルコ石の買い付けは難易度が高い

トルコ石の買い付けは難易度が高いと言われています。
一般的に無処理の天然トルコ石はイラン産のみと言われ、市場に出回っている99%のトルコ石は安定化処理をされたトルコ石です。宝石鑑別機関では天然トルコ石(処理石)の表記がされています。処理石と言っても安定化処理はトルコ石には必須の処理と言われており、この処理がされていないとアメリカやチベット産のトルコ石は硬度が低すぎて研磨加工をする事が出来ません。また、安定化処理は変色などの経年変化を防ぐ目的もあるのです。無処理の天然トルコ石のイラン産であっても、経年変化で色が変色します。安定化処理は変色を防止する目的もあるので、良質の処理と言っても過言ではありません。

トルコ石の安定化処理は功罪で言えば功の方が大きく、宝石業界では天然石と同等扱いでも良いのではないかとの意見が圧倒的にあります。バンコクで販売されているトルコ石は99%安定化処理のトルコ石で、未処理の天然ものは極僅かしか流通しておらず、その多くが品質の悪い商品になります。

トルコ石は模造トルコ石の流通が非常に多く、プラステック、セラミック、染色ハウライト、マグネサイト等類似石が多く出回っています。下記に紹介するのは、練り物とよばれる再生トルコ石で、表面に天然とそっくりな加工をしている事です。
17796462_1462884813786165_8605926954153338115_n.jpg
この原石はトルコ石の買い付け時に偶然発見した原石です。この原石を発見した時、正直言って驚きました。原石業者はプレスものと言っておりました。トルコ石の粉末を使用して作った再生トルコ石なのか、プラステックの模造品かは確認していません。外観は天然トルコ石そっくりですので、プロの原石バイヤーでも間違って購入する可能性は高い精巧な模造品です。

17626222_1462884787119501_2775962435356639622_n.jpg
黒っぽくなっている表面は天然トルコ石の外観と全く同じです。
内部は全て均一な空青色をしており、天然トルコ石に特有の白いマダラ模様や黒の内放物は見られません。
しかし、この原石はパッと見て天然トルコ石と全く同じであり、仮に原石業者が天然トルコ石と嘘を言った場合、私も間違って購入してたと思います。仕入は正しい情報を提供してくれる信頼のある業者から購入するのが仕入の鉄則です。

17759876_1462884827119497_671967201539967349_n.jpg
上記は天然トルコ石(安定化処理済み)の原石です。
原石が切断された状態であれば、内部の状態が予想しやすいのですが、
トルコ石の原石仕入の難しいところは、原石を切断しないと本来の品質がわからない事です。

17759763_1462884800452833_5498006686297556911_n.jpg
この原石を切断したところ、内部は全く違う濃いめの青になりました。
クライアントは薄めのトルコ石を希望していたので、この原石の色では使う事が出来ません。
クライアントの色指定は守らなければならない契約事項です。作り手である我々は、クライアントの希望品質を可能な限り近づけなければなりません。

一方で、トルコ石は原石を割ってみなければ色を確認する事が出来ない石であり、色の濃淡のバラつきもあり、均一な色で加工するのが難しい石です。とりあえずこの原石の色はクライアントのデザインイメージに合わない色ですので、違う原石業者からトルコ石を再度仕入れました。

トルコ石は本物、偽物だけが問題ではなく、色合わせも苦労する石なのです。
消費者に理解してほしいのは、プロの厳しい検品によって選別された石が、日本のジュエリーショップに展示されます。
作り手の我々は良い物を作ったら、クライアントから喜んでもらえると信じています。その為に技術を学び、経験を積んでいくのです。

タイ(海外生活・情報) ブログランキングへ
スポンサーサイト



  1. 2017/04/05(水) 18:21:28|
  2. バンコク宝石仕入れ情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0