FC2ブログ

宝石研磨の世界

タイのバンコクで宝石研磨工場、宝石鑑別教室を経営してます。

娘の友達、、、別れ、、、

バンコクに日常の出来事、、、娘の友達、、、別れ、、、

バンコク日本語補習サークル。
毎週土曜の午前中に、タイ日ハーフの子供たちを集めて、日本語補習する授業料無料のボランティア団体です。

2018年3月、私の娘の親友○○ちゃんとの、悲しい別れがありました
○○ちゃんの親御さんから、今度のバンコクン日本語補習サークルの参加はしないとの申し出がありました。
理由は親御さんの教育方針で、より費用対効果の高い教育をしたいので、他の習い事を優先したいとの事です。

バンコク日本語補習校は学習塾ではありません。
私自身が教育方針やカリキュラムを作成し、自ら教鞭に立っている私塾です。
このサークルは授業料無料で5歳から13歳までのハーフの子供が20名ほど参加をし、年齢、日本語能力もレベルが異なる生徒を一括授業をする複式授業の形態をとっています。講師一人、毎週土曜日僅か2時間、能力別にクラス分けが出来ない等の制約がある中で授業をしています。

この教室の最大の目的は、日本語で話す友達をつくりの場「コミュニティーサークル」をつくる事です。更に日本人としての多彩な価値観、アイデンティティーを構築する事を授業の柱にしています。例えば、歴史の授業でも、教科書通りの事実の羅列や暗記よりも、偉人伝や人の生き方などストーリーに重点を当てています。子供の学力向上を目的にしているわけではなく、価値観の向上を目的にしているのですが、授業はアットホームで子供がまた参加したいと思うように楽しいカリキュラムを作っているので、厳しくしつける等の事はしていません。その為、親御さんによっては子供会の様な集まりで、低レベルの授業をしている様に見えても無理もありません。

○○ちゃんは、私の娘とウマが合い、共に親友と呼び合う仲でした。
親御さん曰く、○○ちゃんはバンコク日本語補習サークルへの参加をとても楽しみにしているが、タイ現地校の勉強や宿題、習い事などの時間の都合上、当サークルに時間を割く事が出来ず、今後は参加する事が出来ないとの事です。

大人は環境の変化で、友人とのつながりが失うことはありません。遠距離になっても、職場が変わってもメールやSNSを通して近況を伝えあう事は出来ます。一方で、子供の視点に立つと、事情は大きく異なります。子供にとって転校や転居などの環境の変化で、友人と連絡を取り合う事は困難な事であり、二度と会えない、永遠の別れに感じても無理のない事です。

幼児教育の現場では、転校や引っ越し等、学校の友人と別れるような状況になる時は、別れの理由を子供にしっかりと説明するのが良いとされています。子どもが特定の友だちと離れることを悲しんでいたら、きちんとお別れの言葉を伝える場面をセッティングするのも良い事だそうです。子どもにとっても気持ちを切り替えるきっかけとなり、「また会おうね」と再会を約束することで、「二度と会えないわけではない」という安心感がもたらされる、と言われています。

人生の中で、大切な人との別れを何度も経験する事によって、一期一会を大切にする優しい人間に成長するのです。

親御さんはボランティア団体に参加した感謝と、大人として最後のけじめの挨拶をするために来ましたが、幸美と○〇ちゃんの親密な親友関係を引き裂くような別れをしたくないので、子供にはこのまま何も言わず、教室を後にしたいと私に耳打ちしました。

私もそれが最善の別れと信じ、承諾しました。
娘と○〇ちゃんの最後の別れの挨拶は「今度は何して遊ぶ?」でした。
二人の輝くような笑顔の別れが、永遠の別れになると思うと、私にとっては胸が張り裂けるような気持ちになりました。

時間と共に記憶が薄れ、娘の心の底から○〇ちゃんの思い出が消える事を期待しています。

ユダヤ教のタムルートでは、学校は勉強する所ではない、勉強は図書館でするべきだ。
学校は先生と友人に会う所だ、と教えているそうです。

○〇ちゃんと最後の別れの日になった2018年3月30日の授業は、偶然にも卒業ソングを題材にしました。
「思い出アルバム」「蛍の光」「仰げば尊し」の歌詞の意味を教え、熟読させました。
これらの歌は幼稚園、小学校、中学校の卒業式で歌われる歌です。

蛍の光では蛍雪の功と二宮金次郎、仰げば尊しではわが師の恩について語りました。

幼稚園の卒園式で歌われる思い出アルバムの歌詞には、
何時の事だか思い出してご覧、、、、いつになっても忘れない、、とあります。
大人になって、幼いころの記憶が曖昧になっていく現実社会で、とても大切な教訓だと思います。

3月は別れの季節ですが、教え子の別れは、私自身の胸にもポッカリ穴が空いたような、埋めようのない虚しさが残りました。


タイ(海外生活・情報) ブログランキングへ

スポンサーサイト



  1. 2018/03/31(土) 22:54:44|
  2. バンコク日常の出来事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0