FC2ブログ

宝石研磨の世界

タイのバンコクで宝石研磨工場、宝石鑑別教室を経営してます。

出家した甥っ子ユーロが、我が家にに遊びに来ています

バンコク日常の出来事、、、出家した甥っ子ユーロが、我が家にに遊びに来ています

甥っ子ユーロがネーン(小僧)として出家して1年が経過しています。
中学校1年生で中退し、南タイナコーンシータマラートから、バンコクの寺院に小僧として出家しました。
短期出家ではなく、本格出家です。

家族全員が反対する中で、彼はたった一人でネーン(小僧)として出家する決意をしました。
その後に、家族から度重なる還俗(出家を辞める事)を提案されても、ユーロの決意は固く、お寺で修業を続けています。
50913141_2505512252856744_2111394150208241664_n.jpg

修業しているお寺は、私の自宅から近く、ワットアルンからも近い寺院で、僧侶の学校が併設されており、本格的な仏教の教義が学習できる有名な寺院です。大人の僧侶200名と小僧400名がここで勉強しています。
還俗(出家を辞める)時も、中学、高校の単位として認められるようで、普通科の学校に戻る事は可能だそうです。

但し、普通科の学校とは違い、仏教の経典を中心に学習するわけですから、お坊さんになる為のバーリー語の学習があり、普通科にある理科や歴史などの一般教養は学習しません。僧侶の様な厳しい戒律はありませんが、それでも十戒は守らなければなりません。食事は通常一日2回で、朝8時と11時半に食べるだけで、お昼以降の食事は許されないそうです。托鉢可能な時は一日50バーツ(150円)程度のお布施を受ける事が出来るので、日用品を購入する事が出来るようです。

ユーロは月2回程度、僧侶の学校の休みの日曜日に我が家に遊びに来ます。
私が朝9時ころにお寺まで車で迎えに行き、夕方4時半に送りに行きます。

我が家に来ると、いつもソファーに座り、静かにじっとしています。
十戒により、女性に触れる事は出来ないので、娘の幸美と遊ぶことは許されません。
子供らしい遊びや娯楽はできないので、ソファーでテレビを見たり、御経を読んだり、静かにじっと座っています。
50646894_2505512166190086_2555478147818586112_n.jpg

出来る限りの事はしてあげたいので、美味しい物を食べさせてあげたり、遊びに連れて行ってあげたいのですが、ユーロは何もいらないと言います。

我が家のソファーに座って、心をリラックスさせたいようです。
厳しい修行僧の道を歩んでも、14歳の男の子です。たまにはアットホームな雰囲気に身を置きたいのかもしれません

甥っ子ユーロとの別れ、、、と言うエントリーの中で、ユーロと我が家の関係について紹介したことがありますが、彼は父親の顔を知りません。複雑な家庭環境の中で葛藤を繰り返し、彼の生きる道を選択したのでしょう。

出家とは俗世の全てを捨てる事、中学生としての思い出も、恋も、青春の全てを捨てる事です。
自分の幸せを捨てて、人の幸せの為に生きるのが宗教家の道です。

ユーロに何かしてあげたくても、彼はいらないと言います。
私や家内に出来る事は、還俗した時に還る所を作って待っているだけです。

https://www.fonscollection.com/   株NOBU&FONS COLLECTIONのサイト
世界最安値の宝石鑑別教室のお知らせはこちらをクリック
宝石鑑定士を目指すのであれば費用対効果抜群の宝石鑑別スクールです。3日コース 1万5千円から受講できます。

宝石鑑別スクール、宝石研磨依頼のお問い合わせはnobucoltd@hotmail.comにお問い合わせください


タイ(海外生活・情報) ブログランキングへ


スポンサーサイト



  1. 2019/01/20(日) 18:53:13|
  2. バンコク日常の出来事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ