FC2ブログ

宝石研磨の世界

タイのバンコクで宝石研磨工場、宝石鑑別教室を経営してます。

宝石研磨 技術性のある仕事

宝石研磨の仕事、、、宝石研磨 技術性のある仕事

この数年、NOBU宝石鑑別スクールに個人作家を目指している受講生が沢山やってきます。
マクラメ作家、ハンドメイドアクセサリー作家、ワイヤーアート作家と呼ばれる方たちです。
彫金教室に通って、個人作家としてデビューを夢見る受講生もいます。

若い世代に絶大な人気を得て、有名な個人作家になった受講生や多数のスタッフを雇ってプライベートブランドとして会社経営されている成功者もいます。

私は個人作家を目指す受講生に必ず伝える言葉があります。
「高いレベルの彫金技術と経験を取得して、素人が手を出せないレベルに到達しなさい」

個人作家の多くが短期間で習得できるテクニックのみでデビューしていきます。
中には1週間程度の訓練期間で得たテクニックのみで、個人作家と称して主婦向けにワークショップの教室を開講する方もいます。それらのワークショップで受講した主婦たちが個人作家を夢見てネットビジネスでアクセサリーを販売はじめます。主婦たちは月収8万円(年商110万円未満)を目指して利益設定をするので、プロの卸業者と言えど月商8万円を目指す主婦に価格面で歯が立ちません。

副業元年と言われた2018年、相当人数の主婦層が薄利少売ででネット販売に参入しています。
その先にあるのは、価格破壊と供給過剰、この現状に良い未来はありません。

そんな時代だからこそ、生き残る為には素人が絶対に得れない技術と経験が必要になると確信しています。

プロの職人とは最低3年間の訓練期間が必要で、石留、キャスト、原型等の各工程でそれぞれ10年の経験を経ると一人前のプロになると言われています。もちろん、ジュエリー制作の全行程を、高いレベルでマスターするには一生かかっても不可能とされるほど奥の深い業界です。

宝石バイヤーの世界も同じです。
私はNOBU宝石鑑別スクールで初級、中級、上級のバイヤー育成コースを45時間で教えていますが、私の教えたカリキュラムを完全にマスターし、実践できるようになる為には3年の売り買い経験が必要になると受講生には常々伝えています。

良い仕事を継続すれば、必ず評価される。仕事は必ず来る。
その為に技術と経験を積まなければならない。

しかし、ある受講生から、「その様な考え方は古い昭和の考え方であり、現実に、プロになるほど稼げているように見えない。自己PRがよければ素人の方が稼げる」と言われました。
この指摘は正に正論で、頭を金づちで殴られたような衝撃を受けました。

個人作家で月商200万以上の売り上げをする方がいる一方で、メーカーからの仕事依頼が激減して、月収20万円を稼げないプロの職人が沢山います。御徒町に至っては日本人職人のほとんどが廃業して、韓国人に仕事を奪われていうる状況になっています。

宝石研磨の世界は、山梨県の甲府市に数社、海外では我が社のみで、プロの宝石研磨士として携わっているのは日本人では30名~50名程度です。その多くが60代を超える高齢の職人ばかりです。高いレベルの研磨技術を持ちながら、小ロット低工賃の仕事で事業を何とか維持している方も多いです。

一方で、宝石研磨の個人作家として、技術性の低いテクニックだけで研磨をして販売する方もいます。彼らはSNSを使った自己プロデュース力が長けており、自己制作⇒小売りのスタイルで、利益率や実収入はプロの研磨職人よりはるかに稼いでいます。

もちろん、プロの職人でも自身の技術をSNSで発信して、自己PRしないと、時代に取り残され消え去る時代です。
私もタイの宝石業界で20年活動し、高い技術を持っていながら、時代の波に埋もれ、フェードアウトしていった職人を沢山見てきました。

宝石研磨の世界も10年の経験が必要な世界です。
私の工場には名人的な技術を持つ職人がいます。
彼の芸術的な宝石研磨の技術をご紹介します。

55887714_2649281555146479_526507761505140736_n.jpg
リカット石はネフライトです。枠にピッタリ合わせて研磨をし、更に全ピース色合わせを色合わせをしなければなりません。

55509745_2649281355146499_5897667997866131456_n.jpg
手作業でひとつひとつ研磨していきます。

55517409_2649281271813174_2086142650200621056_n.jpg
僅かに研磨したら、枠に合わせ、更に僅かに研磨するを繰り返し、微調整しながら一つ一つ研磨していきます。

55912367_2649281441813157_7144078364842655744_n.jpg
途中経過です。大小合わせ15ピースの枠合わせ加工です。このリングで2日~3日の加工時間がかかります。

123.jpg
ちなみにこのデザインはある英国人デザイナーの作品で1点物のジュエリーです。、ニュージーランド人の結婚指輪としてデザインされたそうです。この夫婦は自分の国の産出の石で結婚指輪を作りたかったようで、石はニュージーランド原産のネフライトの使用が条件でした。クライアントから当工場にリカット用のルースが持ち込こまれ、当社の職人が魂を込めて作り上げました。高い技術と精度で枠合わせをした難易度の高い作品です。
これがプロと言えるとても良い仕事だと思います。

良い仕事をしていれば、プロ同士のB TO Bの世界では必ず評価されます。
英国人デザイナーは染み入るような笑顔で「良い仕事だ」と言ってくれました。

遠い異国のニュージーランドで、幸せそうな花嫁笑顔が浮かびます。
そんな仕事に携われただけで満足です。

良い物を作っていれば高く売れるんだ。
時代の変化があっても、この言葉だけは心の支柱にして、ぶれない生き方をしたいと思います。




タイ(海外生活・情報) ブログランキングへ

スポンサーサイト



  1. 2019/03/20(水) 10:54:03|
  2. 宝石研磨の仕事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0