FC2ブログ

宝石研磨の世界

タイのバンコクで宝石研磨工場、宝石鑑別教室を経営してます。

ユーチューバーデビューで加熱処理の動画を載せました。

宝石研磨教室、、、ユーチューバーデビューで加熱処理の記事動画を載せました。

2020年1月からユーチューバーデビューをしました。
タイトルはタイの宝石商NOBU NOBU GEM CUTTING FACTORYです。

ここをクリックで私のYOUTUBEチャンネルにとびます。
よかったら、チェンネル登録してください。
このチャンネルの目的の私の研磨工場と宝石鑑別スクールの半分は宣伝です。
残りの半分は、当教室に通った生徒さんへのバックアップの為に作っています。

早速、宝石研磨技法の一つである、スモーキークォーツの加熱処理についてアップデートしました。
良かったら見てください。
スモーキークォーツの加熱処理の動画←クリックで見れます。

宝石マニアの間では、加熱処理=悪質な物 と言う風潮がああるようです。
私は自身の宝石鑑別教室で、この様な風潮は誤った考えであり、加熱処理は宝石研磨職人による技法で、天然石と同格かそれ以上の価値あるものであると教えています。

宝石鑑別の世界では、加熱処理と非加熱の鑑別が出来るのはルビーサファイアのコランダムだけで、他の種類の宝石の加熱については鑑別する事は出来ません。ルビーサファイアにしても、非加熱に価値があるのではなく、1ct以上の美しい高品質な非加熱ルースのみ価値があると教えています。逆に言えば、低品質の非加熱は低評価にすべきであり、加熱で美しいルビーサファイアは高評価にしてよいと教室で教えています。

また、ルビーサファイア以外の加熱、非加熱は鑑別が不可能で、加熱、非加熱関係なく高品質の方がより評価が高くなります。

宝石研磨の世界では、加熱処理には色上げと色下げの二種類の技法があり、ルビーサファイア、アクアマリン等は色上げの技法で、上記のYOUTUBE画像にあるスモーキークォーツは色下げの技法になります。スモーキークォーツは色下げしないと真っ黒で使い物にならない商品になり、更に加熱する事でカラーコントロールが可能になります。色のバラつきのない一定の品質を保つ事が出来ます。

また、カンボジア ラタナキ鉱山原産の天然シルコンの場合、還元雰囲気と酸化雰囲気の使い分けでブルージルコン、ホワイトジルコンを作る事が出来、色上げ、色下げ両方の加熱をする事が出来ます。ちなみに天然ジルコンの元々の色は褐色で、そのまま宝石研磨加工をしても、褐色に人気が無く、売り物になりません。

加熱処理の理論的なメカニズムは、ルビーサファイアの様なコランダムの色上げの宝石の場合、遷移貴金属不純物元素による着色原因を利用して色上げします。スモーキークォーツの様な色下げの加熱処理の場合は、着色中心と言う原子間の結晶格子の不安定が原因で色がつくタイプの石を、加熱処理で結晶格子を安定させて色下げする事が出来ます。着色中心の場合、放射線処理と加熱処理は表裏一体の関係になり、放射線処理で色上げ出来る石は、理論的には加熱で色下げ出来る事になります。

←このあたりの理論的な説明は非常に難解で長くなるので割愛します。
宝石研磨職人的に言えば、難しい事など言わず、経験と勘で綺麗な商品を作るだけです。石の種類と温度、時間は理論的に解析しても無意味で、石によって作業時間は異なります。大事なのは経験と勘のみです。

例えば、放射線処理で有名なブルートパーズは、加熱によって脱色が可能で、ピアスの様な左右同色が求められる場合、加熱でカラーコントロールする事で左右同色にする事も出来ます。

また、宝飾品を高温メッキすると、一部の宝石は色飛びと呼ばれる退色する事がありますが、これも加熱による脱色が原因になります。宝飾用メッキの職人さんによると、どの石が色飛びしやすいか理解するには、知識と経験が必要だそうです。一方で宝飾用メッキはある意味宝石の加熱処理と似た工程をしますが、こんな事まで悪い事扱いにされたら本末転倒です。

加熱処理=悪い事、と言う風潮は間違った認識です。
加熱処理は宝石研磨職人による最高難易度のテクニックであり、加熱処理により綺麗なルースを作る事が出来ます。
AGL日本鑑別団体協議会でも加熱処理は天然石扱いであると認定しています。

加熱、非加熱を気にするよりも、宝石自身の美しさを競うべきであり、1万円にふさわしい宝石なのか、100万円にふさわしい宝石なのか、1千万にふさわしい宝石なのか、品質と価格の関係が重要だと思います。

現在、タイには約15億円以上するルビーがまだお嫁入りしていません。欧米のトップブランドが13億円でオファーしたのをタイ人オーナーが断っています。この石が現在タイにある最高価格のルビーで加熱処理をされています。大きさは24ctでタイ人オーナーを満足させる価格でないと販売しないそうです。

加熱処理は宝石研磨職人による最高難易度のテクニックです。
スポンサーサイト



  1. 2020/03/19(木) 17:31:34|
  2. 宝石鑑別教室
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0